Journey of hairdresser!アナザーライフ! 取材して頂きました!!! 世界中の美容師が幸せになる働き方を求めて。 僕が旅するノマド美容師として目指すもの。

   こちら

           I I I

            vvvvv

            JAPANESE

http://an-life.jp/article/551#/page/1

English translation
Journey of hairdresser

While Mr. Maruyama runs his own hair salon, he is operating a NPO in order to set up Cosmetology school in South Asia countries like Cambodia. He goes to overseas more than half of a year. Behind this situation – work like traveler- there is a strong mind “I want to prove that hairdresser also have a different ways to work.” Today, I interviewed half his life.

Hairdresser is the worst job that I never wanted to be.”

I was born in Tokyo with my parents were also hairdresser. My father turned barber to hairdresser. Also, he has some skills to win a competition last eleven years. However, he hardly goes back home and devoted all his attention to his work. In addition to this, we weren’t so wealthy therefore I didn’t wanted to be a hairdresser.

When I looking back at my childhood, I was afraid of strangers and shy. Although, I could look outside when I grow up. Rather, I didn’t go to junior high school any longer. Timetables, uniforms…everything in school was unsuitable for me. Meeting new people is more fascinated me.

For the time being, I went to High school but I quarreled with my teacher and I left school just two mounts. At that time, my father asked me to get a license of hairdresser. He also said “If you would not be a hairdresser, you should get a license as a part of our family.” I obeyed because I felt some dignity from him.

After that, I started to go to open cosmetology school. Nevertheless, I still won’t be a hairdresser so I worked as a waiter or carpenter.

When I was seventeen, I had a chance know about Cambodia refugees on TV. I was interested in it and decided to go there. I was really surprised to see such people actually.

Until then, I had an inferiority complex toward me. However, refugees were incomparably more serious than me. Still they live together happily. This is also impulsive for me.

At the moment, I had a heatstroke. When I surrounded by local people, I was afraid of robber but they urgently took care of me.

I realized that I had such a small mind in me. I learned how important to trust people. Later also, I was interested in Cambodia. Then I asked myself “Is there anything I can do for it?” I started as a volunteer of hair cutting.

In America, I was crushed into pieces and finally reached to the hair salon”

I graduated from technical school for three years and I got a license. However, I still didn’t mean to be a hairdresser. In this time, I decided to go to NY to challenge new fields – hip-hop music – I had thought that I could success with my hip-hop music.

On the contrary, it will never be used to NY. To make my living, I still continued to challenge but I couldn’t get a result. My heart became disheartening.

When I continued such a life for one and a half years, I got drunk and have slept on the way. I met a robber and he robbed everything with me like money, season ticket and credit card. He hits me so many times and robbed even my teeth.

At last, I went home with walk for three hours but I didn’t feel like entering the house. Somehow I decided to return to the place where the accident occurred.

Finally, I got to the palace and found one hair salon in front of that place. I felt destiny and decided to enter the shop. I had thought they would help me. By some coincidence, the owner of this shop is Japanese. And then, I started to work as help.

Nevertheless, I started work still I didn’t like to work. But I needed to earn some money to live. Because my body is small, I didn’t employ like a work of physical labor. It is true that hair salon is familiar for me and I do work somehow.

I had effect of the senior who preached splendor of the beauty eagerly and came to be interested in beauty gradually. I have begun to think obediently that this is the place where I can fit in.

Chip is as same as a massage of appreciates. I usually get one dollar. In contrast, when I got thirty dollars as a chip, I could feel the degree of thanks and money. I also feel worth of doing work gradually. I had thought I intended to live as a hair stylist.

To see the world’s beautiful thing, I go for a trip”

Few months after I work at hair salon, my owner told me to go back Japan and learn basic skills. According to his advices, I have begun to work at a hair salon in Shirokane, Tokyo. The seniors, however, they are same age as me but they have already worked as a stylist. On the other hand, I started from cleaning again. It was regrettable for me and worked desperately. After, I became a stylist in fastest six months.

While I worked, I came to think that I might be necessary to see world’s beautiful things by myself. Because the hair stylist is the job which people make more beautiful.

In addition, I wanted to be the person who can go around the world. Even if I go wherever in the world, want to be like a person who has I said, “Welcome back” either. Then I decided to go for around-the-world trip.

I continued to go on a trip while I cutting hair for one and a half years. Things which I got after I visited over sixty countries was “If a donkey goes a-travelling, he’ll not come home a horse”

Before I go to this trip, I had thought that I came to be able to radiant and said, “I can prove that donkey will turn into a horse” definitely. However, when I returned from this trip and looked back, I got some experience and broaden my horizons. Actually, that proverb is true.

When I was asked, “What have you changed after you returned?” I couldn’t answer in a moment. I wouldn’t even be a “horse” however I believe that I can live life my own way like “zebra”.

When I decided to go back to Japan, I took a souvenir – independence.”

After I came back from this trip, I started to work in NY again. Reason why I decided to work here is that I can choose some work styles and set a price depends on my skills. As a matter of fact, there is a hair stylist who can earn more than one thousand dollars only one operation. I aimed at the top of NY, too.

And then, I lived in NY about a year. I applied for working visa to work in a long term. Just as, my acquaintance passed away who sent the days of against illness. Also, my father got sick. Because I was applying for the visa, I knew that I could not acquire it if I left the country once. Until then, I had troubled my family so many times and made up my mind to go back to Japan.

I had thought that I could not return empty-handed but there wasn’t any result to be able to take home with me. Therefore, I decided to run hair salon independently. In 2008, when I was 24, I established “Hair lounge EGO”in Kawasaki, Kanagawa.

From this time, I frequently go on a volunteer cut to Cambodia. The people want to learn about skills of cut increasingly and came to give some lectures to them in earnest.

Both running the hair salon and activity in Cambodia are going well. On the other hand, I felt that considerable energy was necessary when I thought about the open one more store in Tokyo. I thought about what kind of thing it was to bring about a design some other time and what kind of thing it was to start from zero. I decided to live in an uninhabited island in order to experience them all.

One week later, my arms swelled up and the stomach rubbed and blushed. I realized that clothes are needed to live and felt that everything was born from “necessity” including a design.

I want to improve value of beauty all over the world.”

And now, I sold a store in Tokyo. While I running a store in Kanagawa, I have been to abroad as a work-traveler in half of a year individually.

In order to set up a cosmetology school in Cambodia, I teach how to trim the hair and hold some fashion shows. In 2014, I established “Association of international beauty volunteer”as an incorporated nonprofit organization.

In developing countries, hairdresser is the occupation that totally treated as beggar. I can’t understand like this situation. I think I will create some systems of education and national qualification to make this occupation brighter.

As the Japanese education level is high, I make the organization which Cambodian (no only them) come to Japan and can learn some techniques. The person who I taught some techniques is going to run her own hair salon in this August. While being based in other countries such as Singapore, I want to realize to set up cosmetology school in near future. In addition, I want to improve value of beauty all over the world.

Furthermore, I think that there is a method to live happily as a hairdresser even in this Japan. As for me, I want to do such a way of work. Not only continued to work at “stabilized hair salon”but also there is a way of work like “nomad-hair dresser”. A lot of styles of work are existing around us. From now, I would like to make a place where hair stylists can get together.

In the end, I have you know that there is such a way of working and want to increase hair stylists who can work happily. I appreciate for my parents and my seniors whom I led to this occupation – hair stylist.

May 12th, 2015

Translators name TAKARA FUJIMOTO

アナザーライフ」

世界の美容師が幸せになる働き方を求めて 旅する美容師 丸山裕太。
Yuta Maruyama | バナーを作成
<!– Facebook Badge END —>

丸山裕太

旅するように働く美容師

現在武蔵新城にhairloungeegoを持ちながら

美容室のコンサルティング、講師、海外コレクション

撮影など行い。年間のほとんどが飛び回り世界各国で働く

スピード感24時間働き続ける事もある人間マグロ。

国際美容ボランティア協会 代表理事

カンボジア始め各国で美容専門学校設立を目指す。

連絡先 予約先

www.ego-hair.com

0447559246

広告

旅する美容師がソウルコレクション2015にヘアメイクに参加出来た!!!

旅してたらヘアメイクでソウルコレクションにでれました、、、

といったスペシャルな話ではない。笑

地道にコンタクトし、プレゼンした結果参加させて頂きました!動画出来ましたー!!!

本当にソウルのDDPとういう東大門デザインプラザ(DDP)

にてソウルファッションコレクション2015年が行われました!

前年に続き

本当に洗礼されたブランドもありいい刺激になると共に、

次の仕事しっかり確保しました、今回は2人のチームに、来年は3名のチームになりそうです!!

国際美容ボランティア協会のメンバーであれば推薦で(もちろん丸山審査あります)行けます!!!

ワールドワイドに行きたい方は是非!一緒にやりましょう!!

もっと自分の表現を世界に発信したい!!!

Yuta Maruyama | バナーを作成
<!– Facebook Badge END ―>

インスタグラムやってまーーーす!!

Instagram

プロフィール

カンボジア シンガポール ボブ ストカール といったら丸山裕太まで!!!お願いします。

丸山裕太

旅するように働く美容師

現在武蔵新城にhairloungeegoを持ちながら

美容室のコンサルティング、講師、海外コレクション

撮影など行い。年間のほとんどが飛び回り世界各国で働く

スピード感24時間働き続ける事もある人間マグロ。

国際美容ボランティア協会 代表理事

カンボジア始め各国で美容専門学校設立を目指す。

連絡先 予約先

www.ego-hair.com

0447559246

「旅する美容師が世界一周」 なんて言うほどかっこよくねー という話

今回はパリから南東のとこらへんで山奥、崖をトロトロと渡ってやっと到着。

今回は

A さんに旅するように働く美容師ってかっけーって言われました事に、

冷静に

僕 「ださいよ。」

なぜか、

こんな感じ

なんだ、このタンクトップは、、、、、丸山!

そしてなんだそのバンダナみたいなものは!

そしてお決まりの日本人のバックパッカーならロン毛ちょんまげしばるっしょ!!!

いやいや

ださいです。笑

見てください。

あ、けどこの時の方が毛の量ありますね、、、!

そしたら

A がむむむむむうう、、、、、といった表情。

私が言ってるのはそうゆう事ではなく、みかけじゃなく、やってるとこをかっこいいと、、、、、

僕    ん???あらそう あら やだ 勘違いしてましたー ごめん遊ばせ。笑

いかんぜよ、何事も勘違いは、、、というお恥ずかしい体験しました。その後はどうゆう風に切ってたんですか?

どこで?何人?どんな人種、、などなど、あまりその辺は関係ないと思っておりましたので関係ないですよーと。

フランス 旅 旅行 丸山裕太

不安そうな方もいるわけですよ!もちろん!自分が気持ちよくなる事があって自己満

で終わるカットほど迷惑な物はないので必ずコミュニケーションを言語問わず取るように心がけました!

後は

旅 旅行 丸山裕太 カット

こんな感じのエプロンつけてチョキチョキ、チョキチョキと

とくに南東のジュネーブ周辺はくせ毛の方が多く骨格に合わせてお手入れ簡単。

丸山裕太 世界一周 旅

笑顔一杯、、、だがとにかく、ださい丸山坊主みたい。

旅するように働く

こんな感じに昔の滝川クリステルさんみたく、(当時)

僕も電話で受付しながら青空カット

10ユーロ(1ユーロ150円台)で!

大体3日間で60人くらいでした! 大人子供、まで!

世界一周 美容師 丸山裕太

こんな感じで毎回段ボールに書いて歩く。

真ん中に写ってるのはシェイさん日本人がネパールでローカルの方と麻を育てるとこから、おそらくこの方ネパール日本人のルーツな人かと今では思います。

昔は変な人、けど 今の時代、途上国で雇用を生み持続して素晴らしい!!!だと思います。時代って大切ですね。

シェイさんまた会いたいな!

感謝

丸山 カンボジア カット

子供に話しながら、ゆっくりと思うがままに。

ね??

意外に地味なんです。旅するように働くコツコツやる事が本当の意味で一歩全身だよね。

自分じゃわからないけどきっと近くにいてくれる人は見てるしわかってる。

成長している過程がわからなければ、わかるまでこつこつ、、、、、

日本のアシスタントの方。

がんばっぺ。笑

進路相談、悩み、海外の話はこちら

お店のブログ変わりました!

店長 笠井智博もブログやってますよ!!

https://ego-hair.amebaownd.com/
Yuta Maruyama | バナーを作成
<!– Facebook Badge END —>
友だち追加

プロフィール

カンボジア シンガポール ボブ ストカール といったら丸山裕太まで!!!お願いします。

丸山裕太

旅するように働く美容師

現在武蔵新城にhairloungeegoを持ちながら

美容室のコンサルティング、講師、海外コレクション

撮影など行い。年間のほとんどが飛び回り世界各国で働く

スピード感24時間働き続ける事もある人間マグロ。

国際美容ボランティア協会 代表理事

カンボジア始め各国で美容専門学校設立を目指す。

連絡先 予約先

www.ego-hair.com

0447559246

むかし〜昔〜浦島は〜!世界一周、旅する美容師が、鮫(さめ)しばく!

昔々〜浦島は〜!助けた亀に連れられて、、、、連れられてきた先は、イースター島。

丸山も浦島だったかもしれません笑

たまたま

偶然にも

都内某所の居酒屋のカウンターの隣で飲んでたという奇跡で

10年ぶり?位になりますね。

それで懐かしくてこの写真が出てきたというわけです。

さらに

丸山の旅ご飯、、あ!TABILABOで旅ご飯特集とか旅弁当特集あったらおもしろくないですか?

さておき

 衣食住、、、、、

あまり語れたもんではないですが笑

基本

ご飯ー>自給自足 缶詰で持ち歩き、アレンジする

しとめたのは、鮫、マグロから イノシシ、熊まで。笑

例えば

旅するように働く 丸山裕太 イースター島

後ろのボートで狩りにいくわけですが、、こんな感じでやります。

調理は 外、たき火 もちろんまな板なんてなくて岩笑 もしくはあれば コンロ使うし、まな板も

ご飯は皿が無ければ、サランラップ。

イースター島 丸山裕太 旅するように働く

鮫をさばいている最中

この世の中なんでもあった、どこに行ってもなんとかなるし、なんとかする。

無い中でいかにベストを超えれるか

こうゆうことを悩みながら、無いなりにどうしたら一番自分がベストか?一緒に食うやつがいれば楽しく食えるかを探す。

この

「探す」のが僕は大好きで

よくある。「100円のペンをあなたならいくらで売れますか?」とか

あるのはマッチのみでは10日間山でサバイバルしてください。

こうゆうたぐい大好き。

もはや、ドMなのか馬鹿なのかは紙一重ですが。両方かもしれません

イースター島 モアイ像 旅するように働く

モアイの夕暮れ、これ、日本人が運んだりしたんですよ。

すごいっす。

光が綺麗。

自然と一緒のスピードでいきるというのは実は楽なようで、本当に難しく、自然は時にいたずらするし、時にご褒美もくれる、そのなんか恋愛チックな駆け引きがあって自然と同じスピードになるのかなー

でも、その先には自然体と言った言葉や無理、無駄の無いナチュラルな世界があってもっというと、ほっこりするんですよね、実際にこれを実践してる方もみてるしすげーって思う。

モアイ像 イースター島

最近 地球と動物、生態のバランスについて考える事思う事があって、

ともに生きるというのはまじむずかしいなって

自然にいつも生かされて、自然にパワーをもらってる丸山です。

IMGP1656

イースター島にいた人達、武蔵君なつかしー!

今度自然でクリエイティブ撮影会をしようと思っております、誰か一緒にやりませんかー??笑

プロフィール

ボブ ストカール シンガポール カンボジア といったら丸山裕太まで!!!お願いします。

丸山裕太

旅するように働く美容師

現在武蔵新城にhairloungeegoを持ちながら

美容室のコンサルティング、講師、海外コレクション

撮影など行い。年間のほとんどが飛び回り世界各国で働く

スピード感24時間働き続ける事もある人間マグロ。

国際美容ボランティア協会 代表理事

カンボジア始め各国で美容専門学校設立を目指す。

連絡先 予約先

www.ego-hair.com

0447559246

Yuta Maruyama | バナーを作成
<!– Facebook Badge END ―>友だち追加Instagram

世界一周の美容の旅だけど、、、お金を頂くという事そうギブミーマネーを本当にやってみた。

フランスパリから、、、電車、バスで、モンサンミッシェル。

この時は、韓国人のtakと一緒に旅を重ねていた、

彼は今思うと、貿易関係で、3〜4つの言語が使えてつまり素晴らしく

エリート。

彼は僕を、動物園のおさるさんを見る目で 見る 笑

そんなTakはいつも優しい。

韓国の方は僕はものすごく素敵で好きで、比較的物事はっきりして、とにかく人想いという事。

だから僕はこの時から、日本人宿ではなく、韓国人宿に泊まりワイワイしてた、

もちろん、日本人をちょー嫌う人もいる、宿も拒否られる、が

Takはおかまい無しだ!

一言「こいつは俺の兄弟だ」

この一言が今の僕の心に響いた言葉。

今は僕もこういいきれる自分である。

わああああああああ

話それました、これ モンサンミッシェルです!!!

フランスモンサンミッシェル

モンサンミッシェルと言えば、、、、オムレツ

が!!!

これが高い!!

確か卵一個で3000円 卵二つで4000円位という凄まじく高級なオムレツ、

もちろん食べれるわけは無く、見学。日本人のおばちゃん達の行列を遠目から満腹で笑顔な風景を見ておわり。

とにかく金がなく。

無くて

無くて ヒッチハイクして、時に路上で髪きって、、でもお金なくて、

どうしようもなくて、最終的に、僕はペットボトルを切ってギブミーマネーを実行した。

別にしたくなかったし、どうしてもだったから。

フランスモンサンミッシェル オムレツ

見て下さいこの素敵な笑顔。

まだまだ営業スマイルが出来ない未熟者笑

それで、牛乳パックですね

ここにお金入れてと。始めたわけです。

1時間経過

料金確か数ユーロ。

モンサンミッシェル フランス マルヤマ

それでこのままではいけないと思い 文章を加えた、

「旅していて〜〜〜〜〜〜みたいな」

30分経過

まえより少し増えた。

この時寝ながら待っていたのを

座るようにしてみた。

さらに通る人の目を見るようにしてみて、こえかけるようにした!

したら

増える、、、、、増える。

なぜだ!?

なぜか?

今だからわかった事。

何か目的を持っている人に対して人は必ず応援してくれるという事。

やる気も無く、目的も無い、動かなければ、想いも無い

だから、

「目的と想い」だけはおいていってはいけない。

これが僕が

ギブミーマネーで教わった事。

動いて、反省して、動き方変えて、まずやってみる。 DIYです。

あ〜恥ずかしい写真出しましたが、

なんかすっきりした。

彼が TAKです 笑

韓国人 tak フランス
Yuta Maruyama | バナーを作成

プロフィール

ボブ ストカール といったら丸山裕太まで!!!お願いします。

丸山裕太

旅するように働く美容師

現在武蔵新城にhairloungeegoを持ちながら

美容室のコンサルティング、講師、海外コレクション

撮影など行い。年間のほとんどが飛び回り世界各国で働く

スピード感24時間働き続ける事もある人間マグロ。

国際美容ボランティア協会 代表理事

カンボジア始め各国で美容専門学校設立を目指す。

連絡先 予約先

http://www.ego-hair.com

0447559246

友だち追加

Instagram

どんどん申請お待ちしてます。
今日は、武蔵新城のヘアーラウンジエゴに出勤してます!!!

世界一周しながら美容の修行の旅に出てたんだけど 何してんだか、、、笑

そうなんです。

世界一周してたんです、何だかんだで、ただあまり正直ブログに書く事も苦手、特に人に言う事が自慢見たく感じていたので

一切封印してました。

その封印を今解き放とうかと思います。

ドラゴンボールのシェンロンばりですね笑

さっそく

丸山裕太 yutamaruyama

こんな感じのスタイルでしていて、持ってるパンツはこれだけ、

でなぜこの写真か、、、

これフランスのRay Demski カメラマンに この時間だけしか撮れない空の色なんだと、そこで撮ってもらったノリの写真

今でも大切にしてる、出会いをクレタkさんありがとう。

でで

結局、今は世界一周はみんなしていて何て事無いけど当時はまだ変人扱いしてくれた時代、2004年あたり

一周堂がではじめだったか、、、確か。

なにしてたの????って

働いてました僕

金ありません

ギブミーマネー、、、、、、ガチでした。

丸山裕太yutamaruyamaヘアメイク 旅 ケニア ヘアサロン

当時こんな感じ22歳、23歳、、、若い!!まだ髪の毛ある!!!!!笑

僕はとにかく美しい物が見たくて、感じたくて、世界の美容師と絡みたくて、世界に出た、それが結果世界一周になっただけ。

この時も本当必死で、ケニアナイロビではナタでフランス人が顔面えぐられるとかざらで毎日ドキドキはらはらでしたが

人は最高。

ケニア 旅するように働く 丸山 裕太

はじめは、、、めっちゃきらわれてて、

「アジア人きやがって、、、、」

とかヘーキで言われてたけど、

1週間でお互いの髪で練習し合うほど仲良くなり、交流した、当時ブレーズは1列80円程度6列で480円

僕の頭で大体500円位だった。

ケニア美容情報アフリカ ケニア 美容 情報 ヘアメイク 旅 丸山 裕太

こんな感じで働いてました。ここまで出来るのに1週間かかりましたー!

合計2週間働いて、

稼ぎは全部で1万4000円程度。とにかく編み込み、しまくってた2週間でした!!!

まあよく考えればよく僕を雇ったなって、、、、笑

この後タンザニアへバスへ下った、、、(豚の荷台にまみれて、、)

やっぱり

アフリカでも、働いてました丸山裕太、、、、、

今後は世界で働く旅 美容師情報ブログに書きます。

書こうと思った決心は、時がきたからです、次世代へバトン、、、

今日もヘアーラウンジエゴでがんばります。

スタイリスト募集致します!!!!

Instagram
style>.ig-b- { display: inline-block; }
.ig-b- img { visibility: hidden; }
.ig-b-:hover { background-position: 0 -60px; } .ig-b-:active { background-position: 0 -120px; }
.ig-b-v-24 { width: 137px; height: 24px; background: url(//badges.instagram.com/static/images/ig-badge-view-sprite-24.png) no-repeat 0 0; }
@media only screen and (-webkit-min-device-pixel-ratio: 2), only screen and (min–moz-device-pixel-ratio: 2), only screen and (-o-min-device-pixel-ratio: 2 / 1), only screen and (min-device-pixel-ratio: 2), only screen and (min-resolution: 192dpi), only screen and (min-resolution: 2dppx) {
.ig-b-v-24 { background-image: url(//badges.instagram.com/static/images/ig-badge-view-sprite-24@2x.png); background-size: 160px 178px; } }

Instagram
友だち追加

プロフィール

ボブ ストカール シンガポール美容室といったら丸山裕太まで!!!お願いします。

丸山裕太

旅するように働く美容師

現在武蔵新城にhairloungeegoを持ちながら

美容室のコンサルティング、講師、海外コレクション

撮影など行い。年間のほとんどが飛び回り世界各国で働く

スピード感24時間働き続ける事もある人間マグロ。

国際美容ボランティア協会 代表理事

カンボジア始め各国で美容専門学校設立を目指す。

連絡先 予約先

www.ego-hair.com

0447559246

ファッションショーってなんのため? カンボジアフェスティバル2015代々木公園

Instagram

カンボジアフェスティバル2015年ファッションショーを終えて 今回のカンボジアフェスではたくさんのお子さんや、

お母さんなどに民族衣装を体験して頂き すごく楽しそうだったのをみて、

本当に参加出来てよかった! アジアのファッションショーとしてカンボジアフェスでお披露目出来大変感動と

達成感がありました、 バタバタでしたが、

さらには猫ひろしさんもヘアメイクさせて頂き光栄です。 猫ひろし カンボジアフェスティバル ヘアメイク 丸山裕太

猫ひろしさん ヘアメイク様子。マラソンがんばってほしいです。丸山裕太 (IBVA/ EGO)

IMG_0974  IMG_0979

RYOKO /MAKE

IMG_0990

MODEL

IMG_1058

MODEL

IMG_1080

YOSHIKA /HAIR

IMG_1105 IMG_1136

三浦さんも駆けつけてくれましたー!IMG_1141

ERISUGIYAMA HAIR MAKE

IMG_1143

お客様の森川さんも新車で駆けつけてくれました!!!!!驚きましたが、、、本当嬉しいです。

カンボジアフェス

EMI SAITO

IMG_1252 IMG_1253

hair&make yuta maruyama(IBVA) madoka takahashi yoshika ryouko eri yuka makimoto tomohiro kasai mai yamamoto mituo matsunami ryochi oota yuko kamisita emi saito syn masaki yurie ogata カンボジアフェスティバル

お客様と写真撮影

カンボジアフェス

madoka takahashi hair/make

カンボジアフェスティバル

さてさてと、

そもそもファッションショーってなんのためなのか

というのを今回ものすごく考えてまして、 悩んでいたとこでもあります、

今回リーダーとしてそこにある国の文化の表現だととらえていて、

その国の育ち方や、知恵、アイディア、アイデンティティーが一杯詰まってる気がした。

だから、その国、国をもっと知らねば出来ぬ事、知っていると認知していると依頼がくる。

あなたは、母国を知っていますか?

あなたは自分の生まれた国の文化を知ってますか?

あなたは自分の親がどうゆう文化の元で生まれ育ち今があるのか聞いた事ありますか?

「知る」

という動作を休めていませんか?

感じる方も多いかと思いますが、

ネットで見て知るも良し!、

けど 見て、感じて、触れ合う、

緊張して、少しの勇気を出し、新たな一歩を踏み出す事が

「経験」でないでしょうか。

経験に勝る学問は無い。

僕はそう教わってきました。

知って 経験する。

ファッションショーはある種その国の文化を内側に秘めてるなと。。。。。。。

とにかく

今回楽しかったー!!!来年もやるぞー。
友だち追加
Yuta Maruyama | バナーを作成

プロフィール

シンガポールの美容室お探しの方 ボブ ストカール といったら丸山裕太まで!!!お願いします。

丸山裕太

旅するように働く美容師

現在武蔵新城にhairloungeegoを持ちながら

美容室のコンサルティング、講師、海外コレクション

撮影など行い。年間のほとんどが飛び回り世界各国で働く

スピード感24時間働き続ける事もある人間マグロ。

国際美容ボランティア協会 代表理事

カンボジア始め各国で美容専門学校設立を目指す。

連絡先 予約先

www.ego-hair.com

0447559246