タグ別アーカイブ: 旅する美容師

Journey of hairdresser!アナザーライフ! 取材して頂きました!!! 世界中の美容師が幸せになる働き方を求めて。 僕が旅するノマド美容師として目指すもの。

   こちら

           I I I

            vvvvv

            JAPANESE

http://an-life.jp/article/551#/page/1

English translation
Journey of hairdresser

While Mr. Maruyama runs his own hair salon, he is operating a NPO in order to set up Cosmetology school in South Asia countries like Cambodia. He goes to overseas more than half of a year. Behind this situation – work like traveler- there is a strong mind “I want to prove that hairdresser also have a different ways to work.” Today, I interviewed half his life.

Hairdresser is the worst job that I never wanted to be.”

I was born in Tokyo with my parents were also hairdresser. My father turned barber to hairdresser. Also, he has some skills to win a competition last eleven years. However, he hardly goes back home and devoted all his attention to his work. In addition to this, we weren’t so wealthy therefore I didn’t wanted to be a hairdresser.

When I looking back at my childhood, I was afraid of strangers and shy. Although, I could look outside when I grow up. Rather, I didn’t go to junior high school any longer. Timetables, uniforms…everything in school was unsuitable for me. Meeting new people is more fascinated me.

For the time being, I went to High school but I quarreled with my teacher and I left school just two mounts. At that time, my father asked me to get a license of hairdresser. He also said “If you would not be a hairdresser, you should get a license as a part of our family.” I obeyed because I felt some dignity from him.

After that, I started to go to open cosmetology school. Nevertheless, I still won’t be a hairdresser so I worked as a waiter or carpenter.

When I was seventeen, I had a chance know about Cambodia refugees on TV. I was interested in it and decided to go there. I was really surprised to see such people actually.

Until then, I had an inferiority complex toward me. However, refugees were incomparably more serious than me. Still they live together happily. This is also impulsive for me.

At the moment, I had a heatstroke. When I surrounded by local people, I was afraid of robber but they urgently took care of me.

I realized that I had such a small mind in me. I learned how important to trust people. Later also, I was interested in Cambodia. Then I asked myself “Is there anything I can do for it?” I started as a volunteer of hair cutting.

In America, I was crushed into pieces and finally reached to the hair salon”

I graduated from technical school for three years and I got a license. However, I still didn’t mean to be a hairdresser. In this time, I decided to go to NY to challenge new fields – hip-hop music – I had thought that I could success with my hip-hop music.

On the contrary, it will never be used to NY. To make my living, I still continued to challenge but I couldn’t get a result. My heart became disheartening.

When I continued such a life for one and a half years, I got drunk and have slept on the way. I met a robber and he robbed everything with me like money, season ticket and credit card. He hits me so many times and robbed even my teeth.

At last, I went home with walk for three hours but I didn’t feel like entering the house. Somehow I decided to return to the place where the accident occurred.

Finally, I got to the palace and found one hair salon in front of that place. I felt destiny and decided to enter the shop. I had thought they would help me. By some coincidence, the owner of this shop is Japanese. And then, I started to work as help.

Nevertheless, I started work still I didn’t like to work. But I needed to earn some money to live. Because my body is small, I didn’t employ like a work of physical labor. It is true that hair salon is familiar for me and I do work somehow.

I had effect of the senior who preached splendor of the beauty eagerly and came to be interested in beauty gradually. I have begun to think obediently that this is the place where I can fit in.

Chip is as same as a massage of appreciates. I usually get one dollar. In contrast, when I got thirty dollars as a chip, I could feel the degree of thanks and money. I also feel worth of doing work gradually. I had thought I intended to live as a hair stylist.

To see the world’s beautiful thing, I go for a trip”

Few months after I work at hair salon, my owner told me to go back Japan and learn basic skills. According to his advices, I have begun to work at a hair salon in Shirokane, Tokyo. The seniors, however, they are same age as me but they have already worked as a stylist. On the other hand, I started from cleaning again. It was regrettable for me and worked desperately. After, I became a stylist in fastest six months.

While I worked, I came to think that I might be necessary to see world’s beautiful things by myself. Because the hair stylist is the job which people make more beautiful.

In addition, I wanted to be the person who can go around the world. Even if I go wherever in the world, want to be like a person who has I said, “Welcome back” either. Then I decided to go for around-the-world trip.

I continued to go on a trip while I cutting hair for one and a half years. Things which I got after I visited over sixty countries was “If a donkey goes a-travelling, he’ll not come home a horse”

Before I go to this trip, I had thought that I came to be able to radiant and said, “I can prove that donkey will turn into a horse” definitely. However, when I returned from this trip and looked back, I got some experience and broaden my horizons. Actually, that proverb is true.

When I was asked, “What have you changed after you returned?” I couldn’t answer in a moment. I wouldn’t even be a “horse” however I believe that I can live life my own way like “zebra”.

When I decided to go back to Japan, I took a souvenir – independence.”

After I came back from this trip, I started to work in NY again. Reason why I decided to work here is that I can choose some work styles and set a price depends on my skills. As a matter of fact, there is a hair stylist who can earn more than one thousand dollars only one operation. I aimed at the top of NY, too.

And then, I lived in NY about a year. I applied for working visa to work in a long term. Just as, my acquaintance passed away who sent the days of against illness. Also, my father got sick. Because I was applying for the visa, I knew that I could not acquire it if I left the country once. Until then, I had troubled my family so many times and made up my mind to go back to Japan.

I had thought that I could not return empty-handed but there wasn’t any result to be able to take home with me. Therefore, I decided to run hair salon independently. In 2008, when I was 24, I established “Hair lounge EGO”in Kawasaki, Kanagawa.

From this time, I frequently go on a volunteer cut to Cambodia. The people want to learn about skills of cut increasingly and came to give some lectures to them in earnest.

Both running the hair salon and activity in Cambodia are going well. On the other hand, I felt that considerable energy was necessary when I thought about the open one more store in Tokyo. I thought about what kind of thing it was to bring about a design some other time and what kind of thing it was to start from zero. I decided to live in an uninhabited island in order to experience them all.

One week later, my arms swelled up and the stomach rubbed and blushed. I realized that clothes are needed to live and felt that everything was born from “necessity” including a design.

I want to improve value of beauty all over the world.”

And now, I sold a store in Tokyo. While I running a store in Kanagawa, I have been to abroad as a work-traveler in half of a year individually.

In order to set up a cosmetology school in Cambodia, I teach how to trim the hair and hold some fashion shows. In 2014, I established “Association of international beauty volunteer”as an incorporated nonprofit organization.

In developing countries, hairdresser is the occupation that totally treated as beggar. I can’t understand like this situation. I think I will create some systems of education and national qualification to make this occupation brighter.

As the Japanese education level is high, I make the organization which Cambodian (no only them) come to Japan and can learn some techniques. The person who I taught some techniques is going to run her own hair salon in this August. While being based in other countries such as Singapore, I want to realize to set up cosmetology school in near future. In addition, I want to improve value of beauty all over the world.

Furthermore, I think that there is a method to live happily as a hairdresser even in this Japan. As for me, I want to do such a way of work. Not only continued to work at “stabilized hair salon”but also there is a way of work like “nomad-hair dresser”. A lot of styles of work are existing around us. From now, I would like to make a place where hair stylists can get together.

In the end, I have you know that there is such a way of working and want to increase hair stylists who can work happily. I appreciate for my parents and my seniors whom I led to this occupation – hair stylist.

May 12th, 2015

Translators name TAKARA FUJIMOTO

アナザーライフ」

世界の美容師が幸せになる働き方を求めて 旅する美容師 丸山裕太。
Yuta Maruyama | バナーを作成
<!– Facebook Badge END —>

丸山裕太

旅するように働く美容師

現在武蔵新城にhairloungeegoを持ちながら

美容室のコンサルティング、講師、海外コレクション

撮影など行い。年間のほとんどが飛び回り世界各国で働く

スピード感24時間働き続ける事もある人間マグロ。

国際美容ボランティア協会 代表理事

カンボジア始め各国で美容専門学校設立を目指す。

連絡先 予約先

www.ego-hair.com

0447559246

広告

世界一周しながら美容の修行の旅に出てたんだけど 何してんだか、、、笑

そうなんです。

世界一周してたんです、何だかんだで、ただあまり正直ブログに書く事も苦手、特に人に言う事が自慢見たく感じていたので

一切封印してました。

その封印を今解き放とうかと思います。

ドラゴンボールのシェンロンばりですね笑

さっそく

丸山裕太 yutamaruyama

こんな感じのスタイルでしていて、持ってるパンツはこれだけ、

でなぜこの写真か、、、

これフランスのRay Demski カメラマンに この時間だけしか撮れない空の色なんだと、そこで撮ってもらったノリの写真

今でも大切にしてる、出会いをクレタkさんありがとう。

でで

結局、今は世界一周はみんなしていて何て事無いけど当時はまだ変人扱いしてくれた時代、2004年あたり

一周堂がではじめだったか、、、確か。

なにしてたの????って

働いてました僕

金ありません

ギブミーマネー、、、、、、ガチでした。

丸山裕太yutamaruyamaヘアメイク 旅 ケニア ヘアサロン

当時こんな感じ22歳、23歳、、、若い!!まだ髪の毛ある!!!!!笑

僕はとにかく美しい物が見たくて、感じたくて、世界の美容師と絡みたくて、世界に出た、それが結果世界一周になっただけ。

この時も本当必死で、ケニアナイロビではナタでフランス人が顔面えぐられるとかざらで毎日ドキドキはらはらでしたが

人は最高。

ケニア 旅するように働く 丸山 裕太

はじめは、、、めっちゃきらわれてて、

「アジア人きやがって、、、、」

とかヘーキで言われてたけど、

1週間でお互いの髪で練習し合うほど仲良くなり、交流した、当時ブレーズは1列80円程度6列で480円

僕の頭で大体500円位だった。

ケニア美容情報アフリカ ケニア 美容 情報 ヘアメイク 旅 丸山 裕太

こんな感じで働いてました。ここまで出来るのに1週間かかりましたー!

合計2週間働いて、

稼ぎは全部で1万4000円程度。とにかく編み込み、しまくってた2週間でした!!!

まあよく考えればよく僕を雇ったなって、、、、笑

この後タンザニアへバスへ下った、、、(豚の荷台にまみれて、、)

やっぱり

アフリカでも、働いてました丸山裕太、、、、、

今後は世界で働く旅 美容師情報ブログに書きます。

書こうと思った決心は、時がきたからです、次世代へバトン、、、

今日もヘアーラウンジエゴでがんばります。

スタイリスト募集致します!!!!

Instagram
style>.ig-b- { display: inline-block; }
.ig-b- img { visibility: hidden; }
.ig-b-:hover { background-position: 0 -60px; } .ig-b-:active { background-position: 0 -120px; }
.ig-b-v-24 { width: 137px; height: 24px; background: url(//badges.instagram.com/static/images/ig-badge-view-sprite-24.png) no-repeat 0 0; }
@media only screen and (-webkit-min-device-pixel-ratio: 2), only screen and (min–moz-device-pixel-ratio: 2), only screen and (-o-min-device-pixel-ratio: 2 / 1), only screen and (min-device-pixel-ratio: 2), only screen and (min-resolution: 192dpi), only screen and (min-resolution: 2dppx) {
.ig-b-v-24 { background-image: url(//badges.instagram.com/static/images/ig-badge-view-sprite-24@2x.png); background-size: 160px 178px; } }

Instagram
友だち追加

プロフィール

ボブ ストカール シンガポール美容室といったら丸山裕太まで!!!お願いします。

丸山裕太

旅するように働く美容師

現在武蔵新城にhairloungeegoを持ちながら

美容室のコンサルティング、講師、海外コレクション

撮影など行い。年間のほとんどが飛び回り世界各国で働く

スピード感24時間働き続ける事もある人間マグロ。

国際美容ボランティア協会 代表理事

カンボジア始め各国で美容専門学校設立を目指す。

連絡先 予約先

www.ego-hair.com

0447559246

NPO法人!国際美容ボランティア協会 スタートアップ IBVA  IN中目黒  後半編

後半は、また濃いメンツになりました、

granma の山本尚紀さん
グランマ山本尚毅 国際美容ボランティア協会
グランマは本村拓人代表bopビジネスといえば出てくる有名人でもあります!
そんなグランマのミッションは
ミッション
貧困は想像力が枯渇した状態だと思う。グランマは一人一人のイマジネーションこそが最大の資源だと考えています。私たちは想像力と行動する力いう誰もが持つ資質を最大化すること目指します。

バリューネットワークは、ひとつの市場ニーズ(デマンド)に向けての“価値共同体”であり、同じ目的を共有するネットワークです。

なぜグランマ?
グランマという会社名は、一艘のヨットの名前が由来です。1956年、おんぼろなヨット「グランマ号」はメキシコ・トゥスパンを出港。定員がわずか12名のヨットに、革命家チェ・ゲバラやキューバ元首相のフィデル・カストロなど82名が乗り込みました。そして、キューバに上陸して数年後、現地の農民や住民の協力を得てキューバ革命を成し遂げます。空想だと周囲に言われようと、彼らの理想とする社会の実現を目指して、生まれ変わった国の舵をとりはじめました。

会社を船に、事業を航海に例えることができます。グランマは「貧困の解決」という果てしない目的地を定め、船を出港させました。そのプロセスは未だかつて誰も辿りついていない航路です。自分たちが生きている間に、目的地に辿り着くことは難しいかもしれません。しかし、船に乗ってくれた共通の目的を持つ同志である仲間、船を支えてくれる多くのクライアントの皆様や応援者に支えられて、終わることのない航海を続けています。

なぜ、想像力を大切にするのか?
地球規模で対応が必要な環境問題、行き過ぎた資本主義により歪みが生じる社会と人間、広がり続ける富裕層と貧困層の格差。3世代先のことを考えるのは楽しいことではないですが、放っておくとどうなるか、想像できるはずです。もちろん、想いを馳せるだけでは何も変わりません。想像力が次世代への思いやりを育み、一歩を踏み出す意志を生み出し、そして些細な行動を創りだす。私たちは行動へつながる想像力こそ大切にしたい。本能のもとに行動するだけでは動物と一緒です。想像力は人間をチンパンジーではなく人間足らしめる理由であり、人類が持つ共通の資質です。想像する力があるからこそ絶望し、想像する力があるからこそ未来に対して希望を持てる。創りたい未来を欲し、行動することで創りだす。そこにこそひとつの幸福があるのではないでしょうか。

こんな感じになっております。今後も国際美容ボランティア協会としても何か絡んでいく事があるとおもしろいですね。
山本さんの 美容師さんへの経営や、思想などの本の紹介はとても興味深い物ばかりでした!
ibva スタートアップ 山本 グランマ

最後は

TABILABO
久志尚太郎さん世界とつながる、 MOVEする

旅ラボ 久志尚太郎 TABILABO 国際美容ボランティア協会 IBVA

リアルタイムで世界とつながり、まるで世界を旅するように未だ見ぬ新しい自分を探求する。

TABI LABOは、カルチャーからライフスタイル、トレンドにテクノロジー。おもしろいモノ、感動するコト、刺激的なキーパーソン。いま世界で起きているあらゆるトピックを扱う、「世界とつながるネクストマガジン」です。

私たちが目指すのは、既存のWEBメディアに欠けている「色」や「ニオイ」を持ったメディア。TABI LABOは、いま世界で起きているさまざまなトピックを通して、世界とつながる感覚を提供します。それらはあなたを刺激し「次へ」と駆り立てます。

例えば、日常の暮らしや働き方が変わる。

例えば、既存の価値観が変化する。

例えば、新しい視点で未来を見据える。

21世紀は、世界に「出る」のではなく、世界に「いる」という感覚を持つ必要があります。

TABI LABOによって世界とつなががった人たちが、それぞれの思いをもとにMOVEする。MOVEした個人たちが新しい時代を築いていく・・・。

その可能性をTABI LABOは信じています。

ぼくはびんちゃんと呼んでいるのですが、びんちゃんはいつも穏やかに、鋭く突っ込む用なトークのキレを感じます。
いつも気さくで今回の内容も、プレゼンの仕方や、新しい世界の作り方など 美容師をやっていてはわからない事を面白く話して頂きました。
TABILABOの記事に絡めるよう、国際美容ボランティア協会でニュースになる事を目指して今度、美容というカテゴリーで記事を採用して頂けたら幸いです。

旅するように働く、、、、最幸ですね。

私、丸山も少しだけ説明をさせて頂きました。
IBVAからは、私が2003年に行きました、世界で美容師として働きながら、世界一周の旅をした時の写真集として出させて頂きました。
「あるがままに おもむくままに」  600円
丸山 本 あるがままにおもむくままに 出版

少しのメッセージと、少しの写真、で少しほっこりして頂けたら嬉しいです。
美容師のアシスタントさんや、これからアジア、海外に出られる美容師さんには是非いい本として言って頂けるのではと思います。
丸山 カンボジア 本 出版

今年にはディスカバーさんとかと『旅しながら働いてみた、、、』という本を書きたいですね。
本、出版したいです〜!!!

国際美容ボランティア協会 丸山

国際美容ボランティア協会 丸山 美容師 本

最後に
なぜ 今だったのか、について少しだけ、

何も知らない僕が、2003年

世界中を髪を切り旅して回り、目の当たりにした現状は、ゴミ捨て場で、埃まみれで髪が白くなった長髪のおじいさんが頭を下げてしかめっ面し、くたびれた包丁で少年が髪を削ぐ姿を見た

中東イエメンでの事だった当時幼かった私には限界値を超えるほどの電気が走った(現在は行けない地域です)。

「世界の美容の価値を引き上げたい」と心に誓い、自分の鋏を少年の横に そっとおいてきた。

貧困層の方を目の前に何も出来ない自分に圧倒され、脱力感と苛立が沸き、何か出来ないかという事から物資支援を私自身が変われた、カンボジアで2002年から始めました。

以前から、寄付や物乞いに対するお金の授与が本当に使われ活かされてるか、について疑問に感じている中で、寄付された物が転売されてしまう現場を黙視してしまった現実がありました。

その背景は、その子達が決して悪いわけではなく、生きるために親が子供に売りに行けと言うのです。日本では5万円する鋏も、カンボジアでは$20程度の価値であることや、もらっても用途がわからないという事も理由としてありますが、そもそもの根底の原因は、その物の活かし方を教わってないという事なのです。

だからこそ、物の使い方や、それに対する効果、インパクトを知るために、教育が必要不可欠になります。

同時に衛生面の取扱いも教育する事で、従来の劣悪な環境から脱して行く事が可能となります。

これらの社会問題を、美容というツールで「コモングッド(向社会性の共有と教育)」、「ソーシャルグッドの創出」、「自立支援から雇用の創出」を行うことで解決していきたいと考えています。

また、現在の日本における「美容師の減少」、「美容師の離職率80%前後」という現状を変えるべく、国際ボランティア美容スタディーツアーなどにより、「喜ばれる、喜び」を、ボランティアを通じて実践して感じ取ってもらい、仕事のありがたみなどを感じることでのモチベーション、メンタルリアップを目指します。

いつ、どこでも、どんな環境でも、創造出来る仲間である。

世界の美容価値を高める事で自立出来る人間が何十億人いる。

協会の理念の一つである

「Just Action Creative= JAC」(おもむくままにこの瞬間からやる)
に向かっていくために、

ここに国際美容ボランティア協会を立ち上げます

ibva_logo ロゴ 国際美容ボランティア協会 丸山

代表理事 丸山 裕太

FACE BOOK https://www.facebook.com/yutamaruyama0508

直接ご連絡頂いても大丈夫です!!!

www.ego-hair.com

丸山裕太が在籍する武蔵新城の美容室hairloungeego(ヘアーラウンジエゴ)

044755-9246になります。

カンボジアで美容室を我々と勉強したカンボジア人のティダと一緒に働いてくれる想いが強い方!!

大募集です!!住まいはご紹介、ご提供出来ます。ご相談ください、プノンペンにあります。

 

会員も現在募集しております。
是非お問い合わせください。

月1000円の

年会費として12000円です。

こちらニューサイトになります!

www.ibva-world.org